捨てることについて

「捨てる」ということについて、わたしのいまの気持ちです。

もしかしたら、言葉足らずというか、本当に伝えたいことが、伝わるかどうかわからないので,、
とっても不安ですが、思い切って、書いてみようと思います。

いまのわたしは、「無理して捨てなくてもいいかもしれない?」って思います。
あきらかなゴミだったら、それは捨てた方がいいと思います(ペットボトルとか紙ゴミとかだったら)

でも、なにか理由があって、持ってるのだったら、スペースが許す限り、
持ってていいんじゃないかなって思います。

だって、きっと、もしかしたら自分でも気がついていないかもしれない、
持っていたい(もしくは捨てられない)大事な理由があるんだと思います。

そのかわりに、自分の中で折り合いがつく程度でいいから、
全体でバランスをとればいいのかもって思います。

・持っていたいモノは残しておくかわりに、他の持ち物は、少なめに持つとか
・これから買うものは吟味してから買うとか

なにかできることはあると思うんです。

むかし、大量のモノを捨てたときに、本当に胸が痛かったです。
モノに対しての「ごめんなさい」
「使ってあげられなくて(使いこなせなくて)ごめんなさい」も痛かったけど

本当に欲しいのか必要じゃないかわからないままに、
いろんなものを買っていた自分を認めるのが、痛かったです。
見たくない自分と向き合うことがいやだった。

はんぶんやけくそのようにモノを、ゴミ収集所に持っていきました。

そんなわたしに言える資格があるかどうかわからないけれど
「捨てなくてもいいです」って、思います。

でも、これからは、本当に大事にしたいものだけを選べる
「じぶんのものさし」を持てばいいんじゃないでしょうか?
(いま悩んでいるモノが「ものさし以外で選んだもの」っていう意味じゃないです)

わたしは、ゲームのリセットボタンを押すかのように、どんどん捨てちゃったから・・・

だからこそ、「捨てなくてもいいです」って思います。

いま捨てることで悩んでいるひとのなにかお手伝いができたらいいなあといつも思っています。
逆にこういうことを書いて、読んだひとを傷つけてしまったらどうしようとも思います。

まずは、じぶんのものさしを持つこと、からはじめられたらいいなあと思うんです。
[PR]
by lo-yuka | 2011-01-06 00:00 | 空間整理のコツ


<< 最愛のモノと暮らすために 総理大臣になろうか悩んだこと >>