ポリアンナのことは好きですよ

このところ、生き方について、とか、
自分のうまれた意味、みたいな本ばっかし読んでいて
(いまなんだかそういう探求の時期みたいです)
そういう本って、外国の人も日本の人も、だいたい同じようなことを書いているので
「そういうことなのかもしれないのう」と思います。
(どういうことかは、まだ咀嚼できてないので書けないんですけどね)

あと、わたしポジティブを多用する人が苦手でして
(その方を否定するつもりは全くありません。気に障ってしまったらごめんなさい)
そりゃネガティブよりはポジティブがいいけどさ・・・・
なんて思ったりするのです(ひねくれてるかもしれません)

つらいことが起こった時に、無理矢理ポジティブにとらえるのって
むずかしいと思うし
しんどい気持ちにフタをして、みないようにしてるような気がして
わたしにはちょっとあわないなーと思うんです。

そんなふうに思ってたら、こないだ読んだ本に納得したので
ハッとメモのおすそわけです。

経験を受け入れるということは、その経験を好きになることでもなく
またその経験に同意するということでもありません。

そうではなくて、むしろその経験を通して
自分にとって必要なことを学ぶ、ということなのです。

そのためには特に、自分にとって役に立つことと役に立たないことを
はっきり見抜く必要があります。


こんなふうに思えたらいいな、対処できたらいいなーと思います。
どんな出来事も。


ではでは!
[PR]
by lo-yuka | 2012-09-09 00:00 | 思考整理のコツ


<< 【2級認定講座の感想】時間があ... いちばんこわいことは >>