もしものときに役に立つノート

さて、今日は「もしもの時に役立つノート」のおはなしです。

コクヨS&T エンディングノート<もしもの時に役立つノート> LES-E101/コクヨ


実は、今回旅行に行く前に、エンディングノートを作りました。

前々からつくろうと思って購入したものの、放置していたのですが、
今回の旅行中で、万が一なにかあったら?
なんて心配性がむくむくとやってきたので。
(といっても、飛行機が落ちる可能性って 毎日乗っても438年に1回だそうです)

このノートにはどんなことを記入するか、くわしくは公式サイト にありますが

自分の基本情報(住所や誕生日など)や銀行のこと、
生命保険などのこと、クレジットカードのことなどの他に

自分にもしものことがあったら・・・

携帯電話やパソコンはどうしてほしいか?

例)なかのアドレスや送受信したメールは削除してほしい
ブログは閉鎖してほしい(その場合の方法)

ペットはどうしてほしいか?
・ペットのえさや病院、病歴のこと

自分の健康管理について
・アレルギーなど
・かかりつけ病院のこと
・持病、飲んでいる薬
・過去の病歴

などを記入する欄があったり

大事な写真やお葬式で使ってほしい写真をCDにして、挟むスペースがあったり
最後には、大切な人へメッセージを書く欄があったりします。

このノートを書こうと思ったもうひとつの理由に、
「わたしの旦那さんはわたしのことをどれだけ知っているんだろう?」

友人だって、まだ数人しか会ったことがないし
生命保険などの話もおおまかな話しかしていないもんなあ・・・
ましてや、お葬式はどうしてほしいか?なんて話題にのぼったこともないし・・・
と思ったからです。

実はわたしの母は
「ちょっと具合わるい、風邪かも?今日病院いってくるね」と話した日のうちに
緊急入院→ICU で、夕方には意識がなくなり、1週間で亡くなりました。
きっと本人も天国でびっくりだったと思います。

わたしだって、「そうか、風邪か~」なんて思って学校に行って帰宅してびっくりでした。
あたりまえのことが、あたりまえじゃなくなる日って、予告がないケースもあるんですよね。

だから、良いきっかけだと思って、ぱぱっとだけど書きました。

書いている時に、最後のメッセージのところで 
ちょっとセンチメンタルな気持ちになったり、
自分とかかわるすべての人に対して、感謝の気持ちでいっぱいになったり

生命保険や貯金について、もっとちゃんと内容を把握しておかないとな とか
もう使っていない銀行がたくさんあるから解約しなくちゃ
とかいろいろ思いました。

ライフオーガナイズでは「俯瞰する」というのを大事にしています。

どんな人生をおくりたいのか?

それを起点にいろんなことを決めていく、選んでいくことがオーガナイズにつながります。

今回のエンディングノート作成で、
「自分にもしものことがあったとき」というのが、イメージしやすくなって、
「どんな人生を送りたいのか」がよりはっきりしました。

そして、
毎日を大切にくらさなくちゃとか
まわりのひとを、今まで以上に、大事にしようとか

考える良いきっかけになりました。

もしも=亡くなる でなくても
例えば急な入院の時に、家族にお願いしなくちゃいけないことってたくさんありそうだし
書いてみて損はないと思います。

このノート、半年に1回ぐらいずつ見直していこうかなと思います。

そんなかんじで、(ひとによっては)ライフオーガナイズに役立つかもしれないノートの活用法でした。
[PR]
by lo-yuka | 2011-01-19 00:00 | 思考整理のコツ


<< 料理のレシピ切り抜きの整理 最愛のモノと暮らすために >>